MastodonのWebUIでトゥートするハッシュタグを固定できるユーザースクリプトを作った

更新日 2019/04/08 17時41分

前略

鴉河雛です


   というわけで、めちゃ長いタイトルですがそのままです。

MastodonのWebUIでハッシュタグ付きトゥートを連続でする際、毎回打ち直しをしなければならないのですが(一応予測はある)、

さすがに毎回それをやるのはだるいので、最初に指定したやつを使い続けられるようにという感じのやつです。

 

まぁ、まずはどんなものか。

こんな感じです。

タグっぽいボタンを押したら固定するハッシュタグを入力する場所が出ます。

そこにハッシュタグを入力してあとは投稿するだけです。

投稿する直前に自動で入力した文章の最後に追加します。

(この時500文字とかそういうのは考えてないので注意してください)

もう一度ボタンを押すと表示が隠れ、その状態だと付与せずに投稿できます。

オンオフの切り替えって感じです。

 

ハッシュタグに限らず、好きな文章を固定することができます。

1文章だけですが、ブラウザのLocalStorageに保存するので再読み込み時も安心です。

 

これを使えばデフォルトハッシュタグ使用インスタンスに向けて投稿するのも簡単になりますね!

 

で、この機能。

最初Chrome拡張でやるつもりだったんですが、JavaScriptを知らない私にはきれいなものを作るのに荷が重く、

最終的にユーザースクリプトの形になりました・・・。

とりあえず動くよっていう適当な状態ですが、

ソースをGistにあげておいたので使ってみても使ってみなくても・・・。

(「タグ固定するやつ」がうちでの正式名称としてます、このシンプルでなんかあれな名前。いいでしょ?)

Chrome拡張のTampermonkeyで使えます。

(Firefoxでは動かないかも?)

 

てなわけでこの辺で。

では、また。

 

ロードディング中

新着記事